早漏トレーニングで大事な亀頭、カリへの刺激方法解説

早漏トレーニングで大事なのは1にも2にも刺激対策

早漏のためのトレーニング方法というと、
有名なものにスクイーズ法とセマンズ法というのがあります。
聞いたことありますでしょうか?

 

このトレーニングの方法というのが、射精の直前に手を放して我慢するのを繰り返したり、
またイク瞬間にペニスをギュッと握ってイクのを力技で耐える、的な方法になります。

 

かなり古くから言われている方法なんですが、
はっきり言ってこの方法では多くの日本人の早漏は治りません。
実際、早漏の男性は想像できると思います、、、こんな方法では改善しないって。

 

ではどういうトレーニング法がいいかというと、
それはずばり刺激の強化を目的としてトレーニングです。

 

具体的には亀頭とカリ、これが非常に大事なんですね。
私もそうですが、日本人の早漏に多いのが包茎による刺激不足、これなんです。
自分でする時もカリ部分を手ではなく皮を使って刺激を与えて気持ち良くしますので、
根本的に温室育ちなペニスしか育ちません。
なので挿入した時もその気持ちよさに耐えきれないんです。

 

私自身も包茎ですし、こういうことが原因の1つなんだそうなってことは予想していました。
でもじゃあどんなトレーニングが良いのか?と言われてもそれはわからないわけです。
そんな中で、スパーキー佐藤の早漏革命をレビューする形の早漏改善トレーニングに関してのサイトを読み、
「なるほど!これか!」と思って教材にしたがって刺激対策トレーニングをしたんですね。

 

これを書いているソロスケ氏も仮性包茎からくる早漏体質ということで納得でき、
自分でも何となく治りそうなイメージで取り組めたのも良かったです。

 

参照:ソロスケの早漏改善トレーニング

一番のおすすめはカリ首への刺激!

ソロスケ氏の早漏サイトを見て、最終的にはスパーキー佐藤の教材を購入しました。
で、正しい方法での刺激の与え方がわかり、その日のうちから実践しましたね笑。

 

僕が良かったのはやっぱりカリと亀頭への刺激の加え方。
これが包茎の自分には効果テキメンでした。
どちらも普段皮があるので全然刺激に弱かったんですがかなり強化されましたね。

 

いつもPCの前で動画を観ながらしているあの行為・・・
その時間を早漏トレーニングへの時間に変えればいいだけ、という点も良かったです。
特別に時間を確保するのは面倒ですが、これはそいうのが無いのがナイスでした。

今の旦那は昔早漏でした。

今の旦那と付き合い始めた当初、旦那は早漏だったようで、エッチの時に少し動かしただけでイってしまっていました。
エッチの相性は千差万別とよく言われるものの、やはり相手である男性が早漏だと、女性である私としては、どことなく一緒に気持ちよくなりたいと思うようになりました。

 

旦那は早漏だった分、愛撫や前戯で色々尽くしてくれていたので、必ず挿入以外の方法では私をイかせてくれていました。
ですので、まったくイくことができないエッチではないし、旦那に対する好きな気持ちもあったので心は常に満たされてはいました。

 

ただ、一度くらいは旦那と一緒にイってみたいという気持ちがあったのです。
結婚してから一緒に暮らすようになり、付き合っている時よりもエッチの回数が増えたこともあったためか、
旦那は今では私がイくまで自分がイかないようにコントロールできるようになり、最近では常に旦那と私が一緒にイくことができています。

 

やはり早漏も訓練すれば治るものなのでしょうか?エッチの回数を重ねたことで、旦那とのエッチで心だけではなく、身体も満たされています。

 

包茎での早漏なら手術してしまうのもアリ!

私は仮性包茎でありながら、その中でトレーニングをして早漏を改善しました。
が、もし包茎であることにも同時に悩んでいるなら、
まずは先に包茎手術をしてそっちを治したほうがいいかもしれません。

 

それだと包茎が治り、トレーニングせずともそのまま早漏も治る可能性がありますからね!

 

私の知人で包茎手術をした方がいますが、
パンツの中でしっかりと擦れて自然に毎日刺激が加わるので、
そのおかげで早漏気味だったのもかなり改善した!という男がいるんですね。
・・・正直、羨ましいですよね。

 

東京都内での包茎手術だとクリニックも多いですし、切らなくてもいいタイプの施術もあります。
しかもけっこう安いです・・・3万円代とかもあります。
もし包茎も治したいということであればそういう選択肢もぜひ頭に入れてみてください。